« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月29日 (金)

京都の庭1

年末に立ち寄った京都の庭で感じたことを綴ります。もう一月も経ちましたけど。

Img_0003_2 大徳寺、龍源院の書院南の阿吽の庭、滹沱底です。

今回大徳寺の塔頭を廻りましたが、最初に行ってまずこの庭にはっとさせられました。たたずんでいるうちに研ぎ澄まされるような感覚。石と砂とわずかな植栽の間に何やらを語りかけられて、言葉にしてはならないような秘められた思いを感じました。

狭い空間の砂の直線と曲線から広大な宇宙を想像させるところに緊張感と安堵感をもたらしてくれました。軒先に座っている人々は何を感じているのでしょうか。

昔イギリスの庭を巡っていたとき人々がベンチに座って穏やかに微笑んだり会話している風景に出会いましたが、この日本の庭を眺めるのとはかなり違っていました。

Img_0006 同じく龍源院の坪庭、東滴壺です。

この小さな空間に五つの石と白川砂のみでつくられた石庭。平たい小さい石から広がっていく円形の波模様。それを見守るかのような立ち石。そして対極にも二つの石の周りに円が渦巻いている。すっきりとした収まり、そして深く脳裏に刻まれる静かな時。

無駄を省いていくのは難しい。いつも、もっと・・・いやここにも・・・と足していくことばかり考えてしまいます。

本当に心に響くのはわずかなものなのかもしれないのです。こんな庭を造れるのはどんな境地の人だったのかしら・・・

| | コメント (0)

2010年1月12日 (火)

新たなる年

Img_0046 2010年を迎え、正月、成人式の行事も終わりました。

世の中はなんとなく、煮え切らない空気が漂っています。しかし駅伝を見て若者の力に感動しました。オリンピックも楽しみです。

今年の目標は、「無駄をなくす」です。年末に青春18切符とフェリーで九州に里帰りしましたが、途中京都にちょっとだけ寄って庭を見ました。枯山水の庭にとても心惹かれました。

自分の身の回り、そして家の中、外、もっと簡素に奥深くありたいと思いました。

この冬の時間のあるときに無駄な物にあふれた生活から脱出したいと願っています。

寒さは一段と厳しくなっていますが、暑さ寒さにますます弱くなっている自分を引き締め、昔の人の簡素な生活を見直したいと思います。

仕事が忙しいというのではなく、どのように仕事にかかわったかを自問したいものだ。同じくただ日々が過ぎていったのではなく、日々何を感じたかを記憶しておきたい。などと思うのは新年だけなのでしょうか。

今年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »